toggle
2016-09-08

お得に色々な新作ゲームを楽しむ方法

お得に色々な新作ゲームを楽しむ方法

こんにちは。買取ファイブスター査定担当の西村です。私はゲームが好きなのですが、みなさんは如何でしょうか。 スマホゲーム全盛の中でもやはり物語やクオリティーはまだまだスマホゲームより上ではないでしょうか。 さて、今回は私が実践している「あまりお金をかけずお得に色々な新作ゲームを楽しむ方法」について書きます。

ゲームソフトはつまみ食い後にすぐ売却


私の学生時代のお話をしますと、当時は好きなゲームソフトはコレクションの名の下、全て手元に残していましたが、社会人になってからは少しずつゲームとの付き合い方が変わってきました。 お金も自由に使えるようになるため幅広いハードを手に入れることができてくると、 今までとは違ったゲームソフトにも手が伸びます。 しかしながら社会人。時間は有限です。 ですので私はゲームのつまみ食い(笑)をするようになります。

やり方は簡単で、気になったゲームは全て発売日に買っていいけど一定のルールを設けることにしました。購入したゲームは1ヶ月もしくは遅くても2ヶ月以内に必ず売るというルールです。 つまり発売日から1~2ヶ月以内に必ず売るというルールです。これには理由があって、発売から1~2ヶ月の間だと高価買取の対象になることが多いからです。

例えば7,000円でゲームソフトを購入したとして、このゲームソフトを1ヶ月遊んで5,500円で買取してもらえたとします。すると私はそのゲームを1,500円で遊んだことになります。 言い換えると、1ヶ月間1日あたりたった50円でそのソフトを遊べたと言う事になります。

コレクションしたい場合は中古品を買い戻す


つまみ食い後にすぐ売ってしまうとはいえ、1ヶ月以上遊びたい、コレクションとして手元に置いておきたいゲームソフトってもちろんありますよね? そういう時、私は数ヵ月後に中古品を買い戻します。 その数ヵ月間はもちろん別の新作ソフトを楽しみます。 先ほどの例でみると私は新作ソフトを7,000円で購入して一旦5,500円で売ります。私の場合は3,000円を下回る辺りで中古品を買い戻しますので、学生時代の私が7,000円でコレクションにしていたゲームソフトが7,000円-5,500円=1,500円と買い戻す金額3,000円の合計4,500円でコレクションとすることができます。この方法で学生時代に2本のゲームソフトをコレクションをする価格で3本のゲームソフトをコレクションにすることができました。

また、少し期間を空けることによって本当にやりたいソフトかそこまでじゃないソフトかが明確になります。 しかもどんどん売って新しいソフトを購入するので幅広い新作ソフトを遊べます。

中古品市場の特性を活かした方法


この方法は中古品の価格の特性を活かした方法といえます。通常、新作ソフトが発売されると時間の経過とともに人気(需要)が落ち着いてくると同時に中古品の出回る数(供給)も増えてきます。人気(需要)があり、中古品の出回る数(供給)が少ないうちは高価買取の可能性が非常に高いため、私はその間に売ってしまいます。そして時間の経過とともに人気(需要)がなくなっていき、さらに中古品の数(供給)が増えてきたら、価格が安くなっているはずなのでそのタイミングで買い戻すという方法になります。

もちろんここでご紹介した方法はほんの一例です。私の場合は新作ソフトを常に買いますが、最初から中古品の底値を狙って買っていく方法もあるかと思います。

また私の場合はモンスターハンターについては、本当に大好きでずっと友達と遊んでいられるので発売日に買ってからずっと手元に置いているという一部例外のケースもあります。逆に年齢を重ねたせいかRPGなどはそこまでやり込まず、ひとまずストーリーと映像美を楽しんだら高価買取のうちに売るようになりました。

さまざまな価値観がある中、1つの楽しみ方と理解して頂ければ幸いです。

買取ファイブスターでは自宅にいながら査定金額が分かる事前査定を実施しています。上記の方法で新作ゲームを楽しむときにもぜひご活用ください!

事前査定申し込み

関連記事