toggle
2016-10-04

買取店の選び方

買取店の選び方

街を歩いていると古本屋さんや中古レコード店、リユース(リサイクル)ショップなどがたくさんあり、インターネットで検索すると自宅からダンボールに詰めて送るだけの宅配買取をおこなう買取店もたくさんございます。

このページでは、読み終えた本や聴かなくなったCDなどを売ろうと思ったときに役立つ買取店(買取業者)選びのコツをお教えいたします。

何を求めるか?でどこに売るかは決まる


たくさんある買取店ですが、全員に対して1番いい買取店というのはなく、実際にお店を構えているのか、インターネットだけで運営しているのか、それぞれの業態によってその特徴は大きく異なりますので、買取店に何を求めるか?でどこに売るかは決まります。

読み終えた本や聴かなくなったCDなどを売ろうと思った際には、

「すぐに現金が欲しい。とにかく早くお金に変えたい」

「大量に売りたいものがあるため、持っていくのはきつい・・・」

「多少の手間をかけてもいいから、とにかく高く売りたい」

など買取店に求めることは皆さま一人ひとり異なります。

「すぐに現金が欲しい。とにかく早くお金に変えたい」というお客さまの場合は、宅配買取では運送などの関係により当日中に買取金額をお支払いすることは不可能ですので、お店を構えている買取店舗へ直接持ち込む必要があります。それとは逆に「大量に売りたいものがあるため、持っていくのはきつい・・・」 というお客さまの場合は、自宅から箱に詰めて送るだけの宅配買取か、自宅まで直接取りに来てくれる出張買取などを利用することになります。

とにかく高く売りたい方は複数店舗での査定がオススメ


業界の謳い文句になっていますが、お店を構えている買取店舗よりもインターネットだけで運営している買取店で宅配買取を利用する方が査定金額が高くなる場合が多いです。これは家賃など店舗を運営するコストがかからないため、査定金額を少し高めに設定しても運営できることが理由です。

それでは全ての商品において宅配買取の方が査定金額が高くなるかというと、そうでもないのが業界の現状でございます。商品によっては店頭での買取の方が査定金額が高くなることがございます。そのため、当店のような買取店が言うのも少し違和感のある話しではございますが、「多少の手間をかけてもいいから、とにかく高く売りたい」 という方には複数店舗での査定をオススメいたします。

もちろん実際に重たい商品を持ち歩いて何店舗も回ることは大変ですし、宅配買取の業者に何度もダンボールに詰めて送っては返送を繰り返すというのは難しいので、インターネット上で査定してくれる買取店と実店舗をそれぞれ1~2店舗ぐらいで査定するのが現実的です。これだけでも1店舗のみで査定する場合に比べて、高く売れる可能性は大幅に上がります。

買取店ホームページの見るべきポイント


本人確認書類や買取申込書など、買取の際に何が必要になるかは事前にホームページなどで確認しておきましょう。特に宅配買取の場合は、買取点数や査定金額によって送料などの条件が変わることや、買取金額をお客さまの口座に振込する際の振込手数料がお客さま負担となる場合などもございますので、必ず事前に確認しておきましょう。

ホームページに記載されている「査定金額○○%アップ」などのあまり具体的でないキャンペーンには注意が必要です。全ての買取店が該当するわけではないですが、そもそもの査定金額が低く設定されていたり、査定金額を通常より低くしておきキャンペーンで上乗せしたという伝え方をしているだけということも十分あり得ますので、キャンペーンについては高価買取リストなど具体的な金額が書いて場合に重視することをオススメいたします。

 

買取ファイブスターでは「何がいくらの買取金額になるのか?」PC・スマホで簡単にお申し込みいただける事前査定を実施しています。ぜひお気軽にご利用ください。

事前査定お申し込み

関連記事